整体師になるには資格が必要|現代病を治す魔術師

患者を支える理学療法士

整体治療

理学療法士になるには

リハビリのプロである理学療法士を目指したいなら、理学療法士の養成過程がある専門学校か短大・大学で必須科目を習得する必要があります。3年以上理学療法士として必要な知識や技術をしっかり学んだ人だけが受験できる国家資格です。理学療法士養成課程がある専門学校や大学などは全国に沢山あります。就職率や合格率が高い専門学校もあります。理学療法士は男女ともに人気のある職業で、目指す人が増えてきています。専門学校などはすぐに定員になってしまうこともあるので、早めに資料を取り寄せてエントリーすることをお勧めします。さらに作業療法士の資格も取れば活躍の場が一気に広がります。作業療法士も国家資格で、専門学校や大学で必須科目を学んだ人だけがなれます。

需要が高い仕事

理学療法士は病気やケガをして体が不自由になった人に対してリハビリテーションを行い、体の機能回復を促す職業です。理学療法士になるには国家資格が必要になります。専門学校で3年以上、大学で4年以上必須科目を習得すれば受験資格が取れます。理学療法士の国家資格を取れば、就職難の時代でも働き先は沢山あります。リハビリ関係の施設や医療機関、介護施設や福祉施設など、ニーズが高い職業です。特に高齢化社会に伴い介護関係の施設が増えてきているので、介護業界での理学療法士の需要はますます高まっていくことが予想されます。理学療法士になれば、リハビリの専門家として専門知識とスキルを活かして患者をサポートするやりがいのある仕事ができます。