整体師になるには資格が必要|現代病を治す魔術師

理学療法士を養成する学校

ナース

卒業する学校で違いがあります

現在の日本の医療現場における医療従事者の一員である理学療法士は医師の指導の下で身体機能の障害の回復を目的とするリハビリテーションやマッサージ等の理学療法を行う職業です。理学療法士の資格を取得するためには大学や専門学校で教育を受ける必要がありますが、各学校には当然違いがあります。理学療法士になるために大学や4年制の専門学校で教育を受けて卒業する場合のメリットは、それぞれ学士や高度専門士の資格が取得できるため、更に高度な技術や知識を得て学識を広めるための大学院への入学資格が得られることです。3年制の専門学校を選択するメリットは学習期間を短縮することで学費を抑える一方で、給与を早く獲得することが可能で経済的負担を抑えられます。

現役理学療法士が教育を行います

現代の日本は社会基盤が従来から大幅に変化したために、日本人のライフスタイルにも大きな変化が現れています。また、高齢化社会に代表されるように既に社会問題となっている課題は、将来的に一層の深刻な事態へと陥ることが見込まれています。そのため、様々な職業に社会のニーズが変化しているように理学療法士に対しても従来の医療機関における治療行為だけではなく予防処置や介護補助等の多彩な活躍が期待されています。大学や専門学校等の養成機関においても理学療法士の将来性を見通した教育カリキュラムの作成を進めることで質の高い理学療法士の育成に取り組んでいます。その一環として現役の理学療法士による知識だけに頼らない教育が重視されるようになっています。