整体師になるには資格が必要|現代病を治す魔術師

基礎や実践を学ぶ

整体

臨床実習・疑似体験で実践に役立てる

理学療法士は、病院などのリハビリテーション科内に作業療法士などと共に働いています。以前は、整形外科や診療所、総合病院などのリハビリテーション科内での指導が主でした。しかし、最近では脳卒中専門病院やリハビリテーション専門病院と専門の病院なども増えてきています。その他に、通所・訪問リハビリや高齢・障害者施設も多くなっています。このことから、理学療法士は様々な医療・福祉施設で必要とされてきています。様々な医療分野で指導出来るよう、学校の授業にも取り入れ勉強しています。実際の臨床実習でも、医療・福祉施設を問わず様々な患者さんと接します。学校での勉強でも、疑似体験や実際のリハビリ機器を使用しての体験も多く取り入れています。学校で在学中にいろいろな体験することで、実践でも柔軟な行動が身につけられるようになりました。

国家試験に合格して理学療法士になる

理学療法士は、動作や歩行などの回復を目指すために指導する専門家です。怪我や病気、高齢などから日常生活がスムーズに出来ない身体の人も多くいます。日常生活がスムーズに出来るように、医師の指示を受けてリハビリテーションを行う事が仕事です。理学療法士になるには、専門の大学・短大・専門学校を卒業しなければなりません。入学する学校にもよりますが、3年制と4年制があります。生理学・解剖学・運動学などの授業を受け基礎を勉強します。授業を受けながら、臨床実習なども経験していきます。勉強量はとても多く、臨床実習では実際に病気などに行き、患者さんと接することになります。そして、全ての単位を合格した後卒業となります。卒業見込みまたは卒業した者しか国家試験を受けることが出来ません。国家試験を合格して、晴れて念願の理学療法士として働くことが出来るのです。